解体の良くあるトラブル

解体初心者の方必見!過去に解体工事をされたお客様から聞いた、解体工事の“良くあるトラブル”をまとめました

1.追加請求

きちんとした現場確認をせずに見積もり・工事を行なった場合、工事が終わった後に「こんな追加工事が発生しました」 「構造や坪数が当初の想定と違っていました」というような想定外の工事が発生して、追加料金を請求されたという例が多く見られます。
決して安いからという理由だけで選ばずに、お客様のニーズやお困りのことにきちんと耳を傾けて 親身になって対応してくれる業者を選びが大切です。

追加請求イメージ

2.騒音

解体が始まると、「ガラガラッ!」「ガシャン!」という音が出て、近隣の方が家の中にいると「事故!?」 と思ってビックリして飛び出されてきたりします。
特に建て替えや解体後もその地域に住まれる方は、スタッフと一緒に近所の方に挨拶をして粗品を配るなどの配慮があると、 近所の方にも理解していただきやすくなります。

解体時の騒音イメージ

3.ゴミやほこりの飛び散り

木造家屋の解体が始まると、木くずやほこりが風に乗って、何軒も先のお宅の洗濯物にまで付着してしまいます。 飛び散らないように、養生シートでしっかりと囲ってあれば、飛散もある程度抑えられて安心です。
また、解体時には随時ホースで水をかけながら作業をしていますが、これでほこりの飛散を抑える効果があります。

ゴミの飛び散りイメージ

4.隣接しているお宅の傷・破壊

ごく稀にですが、解体時に隣の家の壁や塀に傷をつけたり、ゴミが隣の家の敷地に飛んでいってしまうことがあります。
丁寧な工事に加えて、もしそういったトラブルが発生した時にすぐに施主や近隣の方に説明して、 保証などの適切な対応が取れる業者を選ぶことが大切です。

説明画像イメージ

5.ダンプ・重機の搬入出による交通トラブル

木造家屋の解体が始まると、木くずやほこりが風に乗って、何軒も先のお宅の洗濯物にまで付着してしまいます。 飛び散らないように、養生シートでしっかりと囲ってあれば、飛散もある程度抑えられて安心です。
また、解体時には随時ホースで水をかけながら作業をしていますが、これでほこりの飛散を抑える効果があります。

ダンプカーイメージ

6.歩行者への危険

屋根瓦を取り外している時に、道路を歩いている歩行者に瓦が落ちてくる!なんてことも。
工事の看板や、交通誘導のスタッフを置くなど、地域の方の安全に配慮した工事を行なう業者を選びましょう。

屋根瓦イメージ

PAGE TOP

解体のことならんでも解体戦隊カメレンジャーの住宅解体にお任せ! 無料解体相談お問い合わせフォーム 無料お見積もりお問い合わせフォーム